Tuesday, 26 February 2019

 

 

 

ベンガラ泥染めの染料で”輪”のステンシルプリント

 

シンプルながら何かを感じさせる”輪”

 

いろんな事を感じ、思う事でしょう

 

オーガニックコットンのスウェットに”輪”のステンシルプリントは深みを感じます

 

価値観が合えば幸いです。

 

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Saturday, 23 February 2019

2月24日(日)はAraheam

 

 

 

鹿屋のAraheamで開催されているS&Y WORKSHOP POP-UP STORE

明日が最終日となる24日(日)は在店いたします

 

タイミング合うようでしたら遊びに来て下さい

 

オリジナルのオーガニックコットンの衣料の事や

サーフィンの事、始めたいけど、、、どうすればとか、道具の選択、スタイルの事などなど

 

いろいろと話し相手になりに来てくれたら嬉しいです

 

Araheamの店内には”POT a cup coffee”もあり美味しいコーヒーを提供しております

コーヒー飲みながらのんびりとした時間を楽しみに来て下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Saturday, 26 January 2019

大井戸猩猩

 

 

 

S&Y WORKSHOPオリジナルのオーガニックコットンスウェットに

 

大井戸猩猩の作品を作者自身にてセルフプリントして頂いた

 

『とても良いです』

彼の作品と生成りのオーガニックコットン100%スウェットとの相性がとても良く

独特の世界観、宇宙観を感じさせてくれる

特別なスウェットの衣料となりました。

 

BASIC CREW RAGLAN SWET / size M

PULL OVER HOODY SWET / size M

1点ずつになりますので、気になる方はお早めの判断を。

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Wednesday, 23 January 2019

Monday, 21 January 2019

コーヒーと音楽が入荷

 

 

 

気がつけば1月も半ばを過ぎているではないか

 

今年の正月は、風邪で一族全滅の寝正月

いつかはこういう事があるとは思っていたが、、、

しかしOSAKA STOREがあるので、なんとしても直さなければならない

という事で、本当に寝正月の三が日であった

 

そして、体調は100%ではないが普通に生活するぐらいには戻りOSAKA STOREも無事終えた

宮崎に帰って来たが大阪の疲れも残っているようで、少し無気力な感じ

少しニートな生活を過ごしていたが、ようやくニート的な生活からも脱出して

海水にも浸かり本来の状態に戻ったのであります

 

そんなこんなで、今年初めての入荷情報です

まずはOSAKA STOREで皆様に飲んで頂き、ストックが無くなったコーヒー豆の入荷

有機栽培のオリジナルブレンド(ペルーをベースにガテマラ、コロンビア、ブラジル)の中煎り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてコーヒーのお供に静かな時間を浸るように楽しむ音楽も入荷

 

気になっていた音源をem recordsより入荷致しました

 

 

寒い夜に浸るにはアンビエント音楽が良い、寒ささえも楽しいではないか。

作曲の楽しさと想像性に溢れ、心地よい美しさと、聴き込めば現れる意想外の深さが同居している点で

近年まれに見る(感じる)存在感をもつ

TAKAO / STEALTH

 

 

 

 

 

 

 

 

 

噂の浄土ダブ・ニューエイジ・ベース

 

7FOとこれまでの電子音楽作家との決定的な違いは

アンビエント~ニューエイジなシンセ・エレクトロニクスを天然のエスニックさで

ダブ~レゲエっぽく処理してしまう、欧米勢にもない感覚を宿している点だ

 

7FO / Ryu no Nukegara

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的に手に入れていた音源

その時はレコードしか在庫が無かったが、今回CDが再プレスされたので入荷

 

アルゼンチン音楽ファンには説明不要のマルチ・インストゥルメンタリスト作家エミリオ・アロがこの10年で発表したソロ作

カリンバを改造したカリンバフォン(名前も最高!)

というアロの自作楽器を中核に据え、ゆったりした波動でメローかつ幻想的

 

 

 

 

寒い季節、家の中に居る事が多くなると思います

そんな事を楽しんでみようではありませんか