Thursday, 14 November 2019

OSAKA STORE

 

 

 

秋も深まり少し肌寒い気候になって来ております

 

S&Y WORKSHOPもようやく秋冬の衣料などが揃って来ました

 

 

*当店のコンセプトでもあるオーガニックコットンのスウェット

 

*シンプルというかミニマルなシャツはVINTAGE感のある上質な生地

 

*今年から始めたイージーパンツシリーズは今回は少しストレッチの効いたデニム素材

 

*オリジナルプリントのスウェットはチャンピオンのアメリカ企画のスウェットを採用しました

 

*オリジナルのデザインで作っていただいている、TOTE BAGも新たなサイズを追加しました

もちろん、今までのデザインサイズもご用意して有ります

 

その他色々と宮崎の店にラインナップしている商品全てOSAKA STOREに並びます

 

そして、これからの季節のウェットスーツやサーフボードのご相談も承ります

 

 

 

そんなモノたちとタイミングに合わせて、OSAKA STOREをOPENします

 

いつもの谷町にあるHARVEST MARKETにて5日間のOPEN

 

 

 

11月22日(金)ー 11月26日(火)

 

open 12:00 ー  close 20:00

 

場所:谷町 HARVEST MARKET    map

 

 

 

 

ある程度定期的になって来ているのでPOP- UP STOREという感じではなくなって

 

OSAKA STOREというタイトルにしています

 

よく取材などでも移住?と聞かれて、『私たちは引越しという感じで宮崎に来ました』

 

と答えている様に、大阪へ行き来するのはなんの違和感もないのです

 

なので、いつもある様な佇まいと雰囲気の店で

いつもいる様な感じで、のんびりと呑気にみなさんが遊びに来てくれるのをお待ちしております

 

コーヒーでも飲みに行く感じで、顔出してくれたら嬉しいです

S&Y WORKSHOP 店主

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sunday, 10 November 2019

ON THE EDGE OF A DREAM

 

 

 

 

先日来日していたAndrew KidmanとEllisEricson

 

エッジボードの生みの親であるジョージ・グリーノウと共に5年の歳月をかけ

革新的なサーフボードデザインを模索する様子を追ったON THE EDGE OF A DREAM

 

そのMovieの試写会をするべく日本の南をロードトリップしながらのジャパンツアー

 

そのジャパンツアーに合わせてDVDは日本語字幕を用意して来てくれた

 

試写会などで販売して来て、ジャパンツアーを終えた残りはほんのわずか。。。

 

そんなわずかなストックから数枚入荷しました

 

 

そして!!ON THE EDGE OF A DREAMのサウンドトラックがカラーヴァイナルでリリースされていました

 

内容は最高の一言!!

 

よくあるサーファーがやっている音楽とは、サーフミュージックって奴とは違います

レベルが違う、レコード屋で知らずに会ったら買うね

 

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

 

 

 

DVDはサイン入り

そして日本語字幕付きが嬉しいです

 

 

 

 

少しだけお見せします

 

 

 

 

 

 

 

金額だけ見ると安くは無いかもしれませんが

 

内容からすれば決して高くは無いはずです

 

価値感が合えば幸いであります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thursday, 7 November 2019

新入荷

 

 

 

 

S&Y WORKSHOP オリジナルのシャツが出来上がりました

 

シンプルというよりはミニマルな仕様のシャツ

 

 

ミニマルという響きはではありますが、ヴィンテージの風合いが感じられる生地が

ミニマルな仕様と相まって、スッキリとしていて奥行きが感じられるシャツとなりました

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

着用サイズはLサイズ

 

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

 

 

 

 

 

 

襟のサイズも今までよりも細くスッキリとさせ

ステッチの仕様もスッキリと

 

 

生地の風合いも良いです

cotton 90%  linen 5%  ramie 5%のヴィンテージ感漂う生地

*ramie素材とは

苧麻(ちょま)とも呼ばれ、麻の繊維の一種です

このラミーは古くから日本で衣類用の素材として使われていて

日本書紀にもそのことが記述されている部分があります。

 

この素材のバランスが独特な素材感になっております

着心地も少しハリのあるシッカリとした生地なのですが

ひんやりした着心地でなく、肌に当る感触が気持ち良く感じます

 

 

見るからに分かりやすいディティールデザインではなく

シルエットや素材感そして仕様をミニマルにした上質なシャツと言えます

 

縫製はもちろん日本製で、シャツ専門の縫製工場で作られた仕立ての良さも気持ちよさの一つです

 

 

シンプルでミニマルなシャツはS&Y WORKSHOPらしい奥行きのあるシャツであります

 

『価値感が合えば幸いです』

S&Y WORKSHOP 店主

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sunday, 3 November 2019

音楽月

 

 

 

 

先月10月は神無月とは言うが、我が家は音楽月であった

 

 

 

 

10月に入ってすぐにOOIOOのライブが都城”wanderu”であった

 

OOIOO初!宮崎ライブである 祝!wanderu!

 

店内にPAをセッティングした感じは個人的に好きなサイズのライブハウスになっていて

 

ライブが始まると、娘が見えないと言うので人をかき分け一番前まで連れて行った

 

親父の仕事である

 

OOIOOのライブもそれはそれは良くて、ロックな感じがとても素晴らしい音楽であった

 

 

娘は最後までその一番目の場所でライブを観てのっていたのが印象的でなんだか嬉しい気分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして 地球の上に生きる(原題:Living On The Earth)の著者であり、ミュージシャンのAlicia Bay Laurel

 

前にも宮崎に来ていたがその時は私はタイミングが合わず、今回初めてのライブ

 

内海のCHINEMA HEVENでライブはあった、相変わらずのメンツとのりは宮崎ならではだが

そんな雰囲気に鹿児島方面の方たちとお会いして、少しいつもと違った感じもして

新鮮な感じもあった

いつもレコードやCDで聴いている歌声と演奏は、ライブならではの感じが気持ち良く、安心させてくれる歌声

そしてアリシアさんの波動が有り、そして感じられた

 

平和であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして私の音楽月のメインイベントである”PRHYTHM”が月末にあった

 

10月25、26、27の金土日の3日間のキャンプインイベント

 

私はDJとして参加、妻は服作りワークショップの講師として参加

と言うことで家族で26日からのキャンプで参加する事となった

 

 

 

場所は大分県の国東半島にある長崎鼻ビーチリゾートキャンプ場と言う所

調べてみると、宮崎から4時間ほどかかるようだ

初めて行く土地と場所は久しぶりなので、ワクワクする

昼前には到着したいと考えていたので、早朝5時の出発である

 

 

日頃から敷地内で家族でいるせいか、あまりキャンプなどに行く感じではない我が家

慣れないキャンプだがどうなる事やら、楽しみと不安な気持ち

 

 

まだ夜が明けない真っ暗な時間に出発して、途中の道中で夜が明けて来て

陽が登り始め、徐々に明るくなってくる夜明けの景色を家族で見れたのは良い機会であった

 

夜明けを家族で見るのは良いものだ

 

 

4時間のドライブはなかなか楽しい時間で、久しぶりのロングドライブも楽しいものであった

 

流石はGoogle mapである全く迷う事なく到着である、本当に凄いなぁといつも思う

 

 

 

到着してまずはテントを張る場所を皆で良い感じの場所を見つける事から始まる

なかなか、と言うか我が家らしい場所を見つけ出し、テントを張ることもスムーズに

子供も手伝って楽しく問題なく今夜の我が家の完成である

 

後は、遊ぶのみ!!である

 

 

 

その前に私はDJという選曲の任務がある

 

 

 

基本、クラブなどでするDJはしない、というか出来ないし、ダンスミュージックは今は無い

嫌いでは無いが、自分で所有して聴くのはダンスユージックは無い

なのでEXPEからこのイベントのDJのお誘いが来た時は即答出来なかった

正直、悩んだ。。。DJとして活動している皆さんと名を連ねるなんて。。。

しかも大阪からはYAMAちゃんが参加するし。。。YAMAちゃんと名を連ねるなんておこがましい

 

とか思うと三日三晩、1週間ほどメッセージを返信しなかった。。。考えた。。。

 

 

 

しかしPRHYTHMのコンセプトは実験的で 前衛的で 根源的 新感覚な音楽愛好会

 

と言うことで、やってみようと思った、ここなら私の感じがハマるのでは無いかなとも思った

 

 

 

 

到着してイベントの場所や雰囲気も良い感じで、良い意味で選曲を深く考えることもなく

 

とは言っても、参加することが決まってからは毎日この日のこの時間を意識して音楽を聴いていた

 

そしてその考えていた選曲はこの場所とズレがなくてとても安心してDJが楽しみであった

 

 

自分の出番が来るまでこの場所の雰囲気を楽しむ

 

 

妻のワークショップやシルクスクリーンのプリントのワークショップ

 

このシルクスクリーンのワークショップが興味深く

インクを自分たちで作ったものだった

竹炭を天然の増粘材で作ったものをプリントするもので

これは私も以前から思っていたことだったので、自分の着ているT-SHIRTにプリントした

 

とても良かった!!思っていたよりも良かったし、天年素材と言うのが気分良い!!

 

 

 

そうこうしているうちに私の出番がやって来た

 

いつもの様に?基本的なミキサーの操作を教えてもらい

前者のDJと変わるのであるが、クラブの様な曲を繋ぐと言うことは意識しなくて良いらしく

 

前者のDJと変わる時に少し間があけても良いのが個人的に好みな感じだ

 

ほぼビートのない私の選曲に違和感無くむしろ良い空間にさえ感じた(と思う)

気持ち良さそうに私の選曲に聴き入ってくれている人もいて嬉しい気持ちにもなる

 

そうこうしているうちに持ち時間がやって来て『もう終わりか〜』という気持ち

DJが終わると聴き入ってくれていた人たちが感想をわざわざ言いに来てくれて

なんだか嬉しいやら、恥ずかしい気持ち

 

だが、やっぱり嬉しいのであります

 

 

 

その後は色々と模様しあり

”スペース餅つき大会?!”

臼にはトリガーセンサーを取り付けてあり、杵をつくたびにシンセサイザードラムが発振するのに合わせてズレたリズム感に対するナマリをテーマにした即興演奏を加える

 

 

餅つき良いです

平和だ〜

 

 

 

 

 

 

 

地元の神楽師たちが鬼の仮面で登場して太鼓を打ち鳴らし、龍が舞い踊る”国東鬼龍太鼓”の先達方の独創的パフォーマンスに、EXPE (SPACE GUITAR)、SHUN NAKASEKO (自作漂流楽器)、MINEO KAWASAKI (Electric Drum)、MIZUMAN (Drums)などなど即興音楽が続々と加わっていき、観客と演者の境界線が仮面とともに曖昧になっていく。

 

 

とか

 

いわゆるレイブパーティーやワイワイお祭り的な集まりとはちょっと趣向の違う

 

私好みの音楽イベントである

 

 

そして夜更けにはゆるい感じの少しダンスミュージックが良い感じであった

流石のDJプレイである

この時間によく合っていると感じる選曲だ

 

そんな気持ちの良い音楽がうっすらと聞こえる場所にある我が家のテントで、速攻で眠りについた。。。

 

 

 

 

 

目覚めも気持ちの良い音楽が聞こえている

なんとも良い選曲ばかりで気分が良い

まずはお湯を沸かし、娘のお茶を入れ、そしてコーヒーを淹れる

キャンプに慣れない我が家だが、結構良い感じの食事ができた

 

 

昨日の夜もお気に入りのパンとワインをやったり

今朝はゆで卵とかパンとかバナナとか

シンプルだが質の良い我が家らしく楽しい朝食で、娘も楽しそうでよかった

 

 

日頃もずっと音楽のある環境ではあるが、こう言ったいベントで

いろんな人の選曲を聞くのはよいものだ、知らないよい音楽は沢山あるのだな

良い音楽のある環境は平和だと感じる

 

なんだか幸せな気分にさせてもらった

 

 

1泊2日のキャンプインの音楽イベントは昼頃には終わり

私たちも帰路に着くのである

 

宮崎までの帰りのロングドライブもイベントの余韻のせいか、楽しい時間であった

 

PRHYTHM最高でありました

 

また参加したいと思わせてくれた、素晴らしい音楽愛好会でありました!

 

 

この様な素晴らしいイベントに誘ってくれたEXPEに感謝です

『ありがとうEXPE!!』

 

 

 

そしてPRHYTHMを終えて感じたのは、音楽との向き合い方が初心に戻った感覚を感じた

音楽を聴く事や体感することが、とても素晴らしく楽しいものだという事を改めて思うでありました

自分のストックするレコードや音源を聴いているのがこれまた以前よりも良く聴こえるのである!!

なんだか気分一新した感じでもある

 

 

 

 

そして我が家の10月の音楽月は終了した

 

 

 

家族で、音楽イベント行くのは良いものだなぁと感じた10月だった

 

そして、娘にこの音楽のある環境を感じてもらうことが嬉しく思うのであります。

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Saturday, 2 November 2019

サイズ感

 

 

 

 

サイズ感の参考に

パンツはUSED Levi’s 501  W33を履いております

今まではW30を履いておりましたが、近頃はこのような大きめのサイズも履いております

そんな気分です

 

スウェットのサイズもMサイズで、私の身長からすれば少し小さ目ではありますが

個人的に今までジャストフィットで着ていたと言う事と、横幅がない体型ですので

Mサイズでも着ておりますが、近頃はLサイズを着るようになって来ている今日この頃です

 

 

 

この日の宮崎の天気は、よく晴れており日中にスウェットは着るのは少し暑い感じですが

日が暮れる頃には、肌寒くなりスウェットが必要となります

暮らしている場所で気候はそれぞれではありますが、やはり朝晩はスウェットは必要でしょう

 

紹介しているスウェットはオーガニックコットン100%の裏起毛素材の生地

着心地が良く暖かい風合いがとても気持ち良いです

 

 

 

 

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

 

 

 

 

 

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

 

 

 

 

 

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

 

 

 

 

 

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore