Sunday, 3 November 2019

音楽月

 

 

 

 

先月10月は神無月とは言うが、我が家は音楽月であった

 

 

 

 

10月に入ってすぐにOOIOOのライブが都城”wanderu”であった

 

OOIOO初!宮崎ライブである 祝!wanderu!

 

店内にPAをセッティングした感じは個人的に好きなサイズのライブハウスになっていて

 

ライブが始まると、娘が見えないと言うので人をかき分け一番前まで連れて行った

 

親父の仕事である

 

OOIOOのライブもそれはそれは良くて、ロックな感じがとても素晴らしい音楽であった

 

 

娘は最後までその一番目の場所でライブを観てのっていたのが印象的でなんだか嬉しい気分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして 地球の上に生きる(原題:Living On The Earth)の著者であり、ミュージシャンのAlicia Bay Laurel

 

前にも宮崎に来ていたがその時は私はタイミングが合わず、今回初めてのライブ

 

内海のCHINEMA HEVENでライブはあった、相変わらずのメンツとのりは宮崎ならではだが

そんな雰囲気に鹿児島方面の方たちとお会いして、少しいつもと違った感じもして

新鮮な感じもあった

いつもレコードやCDで聴いている歌声と演奏は、ライブならではの感じが気持ち良く、安心させてくれる歌声

そしてアリシアさんの波動が有り、そして感じられた

 

平和であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして私の音楽月のメインイベントである”PRHYTHM”が月末にあった

 

10月25、26、27の金土日の3日間のキャンプインイベント

 

私はDJとして参加、妻は服作りワークショップの講師として参加

と言うことで家族で26日からのキャンプで参加する事となった

 

 

 

場所は大分県の国東半島にある長崎鼻ビーチリゾートキャンプ場と言う所

調べてみると、宮崎から4時間ほどかかるようだ

初めて行く土地と場所は久しぶりなので、ワクワクする

昼前には到着したいと考えていたので、早朝5時の出発である

 

 

日頃から敷地内で家族でいるせいか、あまりキャンプなどに行く感じではない我が家

慣れないキャンプだがどうなる事やら、楽しみと不安な気持ち

 

 

まだ夜が明けない真っ暗な時間に出発して、途中の道中で夜が明けて来て

陽が登り始め、徐々に明るくなってくる夜明けの景色を家族で見れたのは良い機会であった

 

夜明けを家族で見るのは良いものだ

 

 

4時間のドライブはなかなか楽しい時間で、久しぶりのロングドライブも楽しいものであった

 

流石はGoogle mapである全く迷う事なく到着である、本当に凄いなぁといつも思う

 

 

 

到着してまずはテントを張る場所を皆で良い感じの場所を見つける事から始まる

なかなか、と言うか我が家らしい場所を見つけ出し、テントを張ることもスムーズに

子供も手伝って楽しく問題なく今夜の我が家の完成である

 

後は、遊ぶのみ!!である

 

 

 

その前に私はDJという選曲の任務がある

 

 

 

基本、クラブなどでするDJはしない、というか出来ないし、ダンスミュージックは今は無い

嫌いでは無いが、自分で所有して聴くのはダンスユージックは無い

なのでEXPEからこのイベントのDJのお誘いが来た時は即答出来なかった

正直、悩んだ。。。DJとして活動している皆さんと名を連ねるなんて。。。

しかも大阪からはYAMAちゃんが参加するし。。。YAMAちゃんと名を連ねるなんておこがましい

 

とか思うと三日三晩、1週間ほどメッセージを返信しなかった。。。考えた。。。

 

 

 

しかしPRHYTHMのコンセプトは実験的で 前衛的で 根源的 新感覚な音楽愛好会

 

と言うことで、やってみようと思った、ここなら私の感じがハマるのでは無いかなとも思った

 

 

 

 

到着してイベントの場所や雰囲気も良い感じで、良い意味で選曲を深く考えることもなく

 

とは言っても、参加することが決まってからは毎日この日のこの時間を意識して音楽を聴いていた

 

そしてその考えていた選曲はこの場所とズレがなくてとても安心してDJが楽しみであった

 

 

自分の出番が来るまでこの場所の雰囲気を楽しむ

 

 

妻のワークショップやシルクスクリーンのプリントのワークショップ

 

このシルクスクリーンのワークショップが興味深く

インクを自分たちで作ったものだった

竹炭を天然の増粘材で作ったものをプリントするもので

これは私も以前から思っていたことだったので、自分の着ているT-SHIRTにプリントした

 

とても良かった!!思っていたよりも良かったし、天年素材と言うのが気分良い!!

 

 

 

そうこうしているうちに私の出番がやって来た

 

いつもの様に?基本的なミキサーの操作を教えてもらい

前者のDJと変わるのであるが、クラブの様な曲を繋ぐと言うことは意識しなくて良いらしく

 

前者のDJと変わる時に少し間があけても良いのが個人的に好みな感じだ

 

ほぼビートのない私の選曲に違和感無くむしろ良い空間にさえ感じた(と思う)

気持ち良さそうに私の選曲に聴き入ってくれている人もいて嬉しい気持ちにもなる

 

そうこうしているうちに持ち時間がやって来て『もう終わりか〜』という気持ち

DJが終わると聴き入ってくれていた人たちが感想をわざわざ言いに来てくれて

なんだか嬉しいやら、恥ずかしい気持ち

 

だが、やっぱり嬉しいのであります

 

 

 

その後は色々と模様しあり

”スペース餅つき大会?!”

臼にはトリガーセンサーを取り付けてあり、杵をつくたびにシンセサイザードラムが発振するのに合わせてズレたリズム感に対するナマリをテーマにした即興演奏を加える

 

 

餅つき良いです

平和だ〜

 

 

 

 

 

 

 

地元の神楽師たちが鬼の仮面で登場して太鼓を打ち鳴らし、龍が舞い踊る”国東鬼龍太鼓”の先達方の独創的パフォーマンスに、EXPE (SPACE GUITAR)、SHUN NAKASEKO (自作漂流楽器)、MINEO KAWASAKI (Electric Drum)、MIZUMAN (Drums)などなど即興音楽が続々と加わっていき、観客と演者の境界線が仮面とともに曖昧になっていく。

 

 

とか

 

いわゆるレイブパーティーやワイワイお祭り的な集まりとはちょっと趣向の違う

 

私好みの音楽イベントである

 

 

そして夜更けにはゆるい感じの少しダンスミュージックが良い感じであった

流石のDJプレイである

この時間によく合っていると感じる選曲だ

 

そんな気持ちの良い音楽がうっすらと聞こえる場所にある我が家のテントで、速攻で眠りについた。。。

 

 

 

 

 

目覚めも気持ちの良い音楽が聞こえている

なんとも良い選曲ばかりで気分が良い

まずはお湯を沸かし、娘のお茶を入れ、そしてコーヒーを淹れる

キャンプに慣れない我が家だが、結構良い感じの食事ができた

 

 

昨日の夜もお気に入りのパンとワインをやったり

今朝はゆで卵とかパンとかバナナとか

シンプルだが質の良い我が家らしく楽しい朝食で、娘も楽しそうでよかった

 

 

日頃もずっと音楽のある環境ではあるが、こう言ったいベントで

いろんな人の選曲を聞くのはよいものだ、知らないよい音楽は沢山あるのだな

良い音楽のある環境は平和だと感じる

 

なんだか幸せな気分にさせてもらった

 

 

1泊2日のキャンプインの音楽イベントは昼頃には終わり

私たちも帰路に着くのである

 

宮崎までの帰りのロングドライブもイベントの余韻のせいか、楽しい時間であった

 

PRHYTHM最高でありました

 

また参加したいと思わせてくれた、素晴らしい音楽愛好会でありました!

 

 

この様な素晴らしいイベントに誘ってくれたEXPEに感謝です

『ありがとうEXPE!!』

 

 

 

そしてPRHYTHMを終えて感じたのは、音楽との向き合い方が初心に戻った感覚を感じた

音楽を聴く事や体感することが、とても素晴らしく楽しいものだという事を改めて思うでありました

自分のストックするレコードや音源を聴いているのがこれまた以前よりも良く聴こえるのである!!

なんだか気分一新した感じでもある

 

 

 

 

そして我が家の10月の音楽月は終了した

 

 

 

家族で、音楽イベント行くのは良いものだなぁと感じた10月だった

 

そして、娘にこの音楽のある環境を感じてもらうことが嬉しく思うのであります。

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Friday, 25 October 2019

店舗休業のお知らせ

 

 

 

大分県国東半島にて開催される、音楽イベントPRHYTHM参加の為

 

10月26日(土)27日(日)の店舗の営業を休ませて頂きます

 

オンラインストアーは通常通り営業しておりますが、発送は10月28(月)からとなります

 

 

 

今回は家族でキャンプインしての参加で、一体どうなることやら

楽しみと不安が入り混じっております

 

一般的な野外イベントの音楽パーティーというよりも

音楽愛好家が集まり、じっくりとと聞いて楽しむいベントのようですので

個人的にも好きな感じですので

選曲もあれこれ考える事なく、選曲できそうです

こんなイベントの人前でする割には、なんだか気分は落ち着いております

 

 

お誘いがあった時は即答ではなく、考えましたが

サウンドインスタレーションというワードがあり、それならと参加をさせていただきました

 

そして参加されるDJの方々の選曲が楽しみであります

 

我が家にしては珍しいキャンプ

どうなる事やら

 

”たのしむことだ”

more info : prhythm.org

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Monday, 23 September 2019

兎にも角にも

 

 

 

OSAKA STOREが終わり、バタバタしてフェリーにて帰路につく

 

帰りにのフェリーでは大阪の余韻を味わいながら、宮崎にフェードインする時間

 

宮崎に着くと荷物を店に下ろさなければならないが、出来れば海に入りたいという気分

 

だが、着いた日は台風接近の為クローズコンディション

という事で、心置きなく店を宮崎に戻す事にする

 

次の日も台風の影響がひどくて、これまたノーサーフ

出来上がってきたNEW NIMBUSを試したい〜〜〜〜〜という想いが募るばかりである

 

 

ようやく次の日は台風一過良い天気、良いコンディションであろう

今日は娘の運動会なのでその前に、兎にも角にも海へ

NEW NIMBUSを試したいのである

 

 

色々とシェイパーのT-MENにニュアンスを伝えた、あのノーズの落とし具合レールの感じウイングを入れたテイルの感じなどを味わいたい

 

今日は祝日で人も少なくはないので、軽くでも感じだけは味わいたいと思い軽めの1R

 

 

新しい板を海に浸ける時の気分はなんとも言えぬ至福の瞬間

そこから板に寝そべりパドルをする時の喜び

パドリングでスムーズに進む板の感触に相性の良さを早くも感じ

焦る気持ちを抑えて、アウトサイドへ向けパドルする

 

6’6″の長さだがとてもバランスの良いシェイプは身軽な感じ

このぐらいの身軽さを求めていた

波のキャッチもスムーズで身軽さを感じるわりには早い

波に乗れば身軽な浮力感のグライドが面白い

ほくそ笑む感じである

 

 

またまた良い相棒と出会えた感じだ

 

 

今日は、兎にも角にも海に入りたい、NEW NIMBUSを乗りたい気持ちが強かった

次はゆっくりと噛みしめるようにやってみようと思う

 

 

S&Y WORKSHOP ORIGINAL

“NIMBUS   L : 6’6”   W : 21 1/4   T : 2  16/9

shaped by T-MEN SUFDESIGN

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sunday, 1 September 2019

USED SURFBOARDS

 

 

 

 

For SALE

T-MEN SURFDESIGN  “Jonathan ”   Shinglefin*フィンは付属しません

L : 7’2″  W : 21″  T : 2 “5/8

 

*ノークラッシュ

*フットマークほぼ無し!

かなり状態の良いUSED、新古品といっても良い状態です

カラーは薄いホワイトピグメント

仕上げはグロスサンドフィニッシュ

 

気になる方は電話、メールにてお問い合わせください

通販は不可になります

関西方面の方は私が、9月2週目に大阪へ行くのでその期間中受け渡しが可能です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Saturday, 24 August 2019

新たな形

 

 

 

 

 

shaped by T-MEN SURFDESIGN

6’6″ single fin

coming soon…