Saturday, 18 April 2020

サイズ感と採寸

 

 

 

 

 

S&Y WORKSHOPオリジナルの”Easy khaki Trousers”はモデル名の通りイージーパンツ仕様

 

ウエストはドローコードとゴム仕様なので、ウエストサイズの振り幅は広いパンツです

 

そんなウエストの仕様ですので、普段Lサイズを履かれる方も

この”Easy Khaki Trousers”なら”size Mid”でも大丈夫です

*サイズ表記も目安なので、”Mid” と” Log”と言った雰囲気のサイズ表記にしてみました

 

ウエストのサイズで選ぶよりも、履いた感じの好みのシルエットでサイズを選べます

 

 

試着してみました

着用者(私)は身長170センチ後半、used Levi’s 501はw30を履きます

 

まずは”size Mid”を試着してみました

 

SHIRT / S&Y WORKSHOP Original / ベンガラ泥染め COTTON LINEN SHIRT : more info

 

 

 

 

 

 

採寸です

ドローコードをで締めず、何もしていない状態

ここから更に、ドローコードで締める事によってウエストは調節できます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエストはゴム仕様でもあるので、最大で約90センチまで広がります

 

 

 

 

 

ヒップは約100センチ

 

 

 

 

 

 

ワタリ(腿部分)約62センチ

 

 

 

 

 

 

裾幅は約21〜22センチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は”Log”を試着してみました

 

『個人的にはこのサイズ感で履こうと思います』

 

*T-shirt  / ORIGINAL Organic cotton 100% T-shirt  “BOX” size L  : more info

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採寸です

ウエスト部分のドローコード締めず何もしていない状態

約80センチほどありますが、普段w30を履く私でもドローコードでの調節によって

問題なく履く事ができます、違和感も無いです。

 

 

 

 

 

ウエストゴム仕様ですので、最大約98センチぐらいまで広がります

 

 

 

 

ヒップ部分は約114センチありますが、私が履いても違和感なしです

 

 

 

 

 

 

 

ワタリ(腿部分)約66センチ

 

 

 

裾部分は約23〜24センチ

 

 

 

 

この様なサイズ感で、かなり自由度が高いパンツとなっております

そんな自由感満載なパンツではありますが、チノクロスと言うトラディショナルな生地によって

イージーパンツ仕様でありながら、履いている感じはユルイ雰囲気を感じさせません

 

部屋着として着ていても、だらし無さを感じさせず

もちろん、街へ出れる事になっても靴を合わせる事でユルさはありません

そして海に行く時も、ウエスト部分の仕様がシンプルなのでストレスなく

海上がりの、砂のついた足を通すのも少し太めのシルエットでスムーズに履く事ができます

 

 

締め付ける様なストレスを感じる服を、頑張って着るような事もなくなっていますが

ユルイ服となると、ちょっとだらし無さを感じさせる事があると思います

 

そんな事を考えるような、お年頃の方々に”ちょうど良い”衣料だと思っております(私自身も含めて)

 

 

こんなご時世ですがせめて着る物によって、『気分が変わり考え方もポジティブに!!』

そんなきっかけになれたら、と思っております

 

 

S&Y WORKSHOP 店主

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sunday, 12 April 2020

衣食足りて礼節を知る

 

 

 

 

こんにちは

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今世間では、不要不急の外出は控えるようになっておるようです

なかなか辛い生活状況に感じられます

 

家にいる時間が長く、外出できない事がなかなか辛いようです

 

幸い私は以前から家にいる時間が長い、というかほとんど家にいます

家にいると言っても、敷地内の小屋店にいるので、またちょっと違うかもしれませんが

家から出ないと言う事はさほど辛くはなくて、いつも通りの生活

なのですが、、、ニュースは毎日しんどいニュースや報道ばかり

さすがに気分はいつもよりも重い感じです

 

そして店の動きや気分も、なんだか鈍い雰囲気

 

 

 

 

S&Y WORKSHOPでは衣料雑貨を主に取り扱い、提供提案しておりますが

こう言う状況だと、こういう店ってそんなに必要ではないのでは?と思うことも思うこともあります

 

 

でも、衣食住とは生活に必要な3要素ではある

ですが、消去方ならば”衣”は最初に消去かな?

 

 

 

 

衣料とはこんな状況のときにはなんの役にも立たないのか?

 

そんな事を考え始めてしまっていた

 

 

 

昔ならともかく、現代社会ではある程度の衣料はあるだろう

流行り廃り、サイズがどうこうあれ着る物はあるだろう

 

 

 

では何故?衣食住なのか

 

食住でいいのでは(少し語呂が悪いな、、、)

 

 

 

 

意味を今一度調べると

『衣食足りて礼節を知る』と言うことわざに出会う

人は生活が豊かになり、余裕が出てくると礼儀が生まれ

しっかり節度をわきまえることができるようになるものである」という意味があります。

つまり、物質的に不自由しなくなってこそ、礼儀に対し気を配ることができるということです

 

 

今の状況からすれば少し違うかもしれないが、なんだかハマるような気がした

 

 

こういった状況だからこそ着るもは本質を選んで着なければ

家にずっといるから、人に会わないから何でもいいではなく

上質な衣料を着ることによって、心身共に豊になり気持ち良く過ごせるのかもしれない

 

”礼儀に対し気を配ることができる”

と言う事は同じ空間にいる人に対して礼儀が産まれるのではないか

 

気持ち良くて、気分も良くなれば、少しはゆとりが出来て、ストレスも少なくなるのでは・

 

 

 

そう、こんな時に派手派手なデザインの服を着るよりも、上質な衣料を着る事が

衣食住の”衣”の役目ではないのだろうか

 

 

そんな”衣”は外出出来ず、家の中だけの空間で気分を和らげてくれるのかも知れないと思い始めた

 

S&Y WORKSHOPの考える衣料はやはり”衣食住”の”衣”である

 

外側に向けた”衣”では無く、内側に向けた”衣”なのであると改めて思うのであります

 

 

『役に立てれば』とか、たいそれた事はできませんが

 

こんな気づきが、何かのきっかけになれば衣料を扱う店をやっていて悪くはないなと思うのであります

 

 

 

 

この状況が終息に向かい、いつもの暮らしに戻り

『うちのT-SHIRTは気持ちいいよー』と理屈抜きで脳天気にお勧めできる日が来る事を祈ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Friday, 10 April 2020

共有

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tuesday, 7 April 2020

リネンコットンのボタンダウンシャツ

 

 

 

 

こんな時だからこそ

外側に向けた衣料ではなく、内側に向けた衣料を身につけて

心身共に気持ち良く、スッキリとした気分で暮らしていこうではありませんか

 

 

 

 

袖を通した瞬間、『気持ち良い〜』そんなシャツ

 

素肌で着てみましょう

 

家でも着ていよう(カレーうどんを食べるのなら着ないほうが良い。。。)

 

 

 

リネンコットン素材がクタクタになった雰囲気有り

 

ボタンダウンだからか、なんだか格好良く感じるのです

 

 

 

着用者の身長は170cm後半でsize Mを着用

 

*着用者コメント*

以前ならこのぐらいのサイズで着ることが多かったのですが

このリネンコットンの素材感なら少しゆとりのあるsize Lで着てみたいとの事です

(まあ、店主の私なんですが)

 

 

 

size Mの方で『着丈はう少し短い方が好みだ』という方には

コインランドリーの乾燥機にて水洗い後、乾燥させると良い感じに縮んで、良い着丈になります

袖丈も短くなりますので、縦が縮む感じです

 

ちなみに、身幅はそのままですのでご安心下さい

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 


pants : Easy Khaki Trousers  / more info

Shose : VANS Authentic / 私物

 

 

 

 

 

 

 

 

more info : S&Y WORKSHOP Onlinestore

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Monday, 30 March 2020

FREE

 

 

 

 

 

以前気になっていた“Self discovery for social survival”というSURF MOVIE

 

気にはなったが有料配信という事で、そのままスルーしていた、、、

 

 

そんな“Self discovery for social survival”が今週末まで無料配信してくれている

 

 

早速観てみた

 

良いです、凄く良いです

 

以前にレコードをチェックしている時に知ったMexican summerというレーベル

そのレーベル名が気にはなったが、こんな事をしているとは!?

 

 

Mexican Summer所属のミュージシャンが出演サーファーと一緒に世界各地でサーフィンをする。

そしてその映画のサウンドトラックとなる音楽は

彼らが実際にサーファーと一緒に波に乗り各地を旅した後、その経験と映像を基に制作されている

 

その制作模様の映像がなんとも良い感じなのです

 

 

 

素晴らしいです

 

私の思うSURF MOVIEであります

 

 

サントラのレコード手に入れようかな